3歳の頃から自転車を始め、MTBもBMXもROADBIKEもフリースタイルに楽しみ続ける自転車愛好家。 サイクリストとしての座右の銘は「乗りたい時に乗る。乗りたくない時はTSUTAYAへ」 自転車と映画を中心とした可瀬諒のブログ。よろしくです。


by ryo-symtbmx

3日前から…

e0064024_0204267.jpg

3日ほど前にBMXをノーブレーキにしました。

この冬は、ロードばっかり乗っていてMTBやBMXはたまに乗る感じだったのですがノーブレーキにしてから、面白くてよく家の近くでBMX乗ってます。

結構ボクの中で1年に一度くらいのノーブレーキの波があって、気分によってノーブレーキにして乗ったりしてたんですけど、今回はちょっと違う感じ。



1ヶ月前くらいから「やっぱりノーブレーキはアリなんじゃないかな」とか急に思って、でも実際ノーブレーキだと街じゃ不便だし下りのトレイルとかだと止まりたい時に止まれないってゆう点があって、やっぱりどうしようか悩んでいたんですが、最近海外のプロBMXストリートライダーもノーブレーキで乗ってる人増えてるし今回のDIG MAGAZINでもマイク・エイキンがノーブレーキでハンパないライディングしてて「ノーブレーキでこんな風にトレイルでぶっ飛べたら気持ちよすぎヤバいだろうなー」と思い、ノーブレーキにしました。

そしてノーブレーキの何が良いのか、それを最近考えていました。
答えなんか無いと言われてしまうかも知れないけど、理屈っぽい自分の性格としてどうしても「自分がノーブレーキで乗る理由」をしっかり持ちたかった。
僕が思うに、ノーブレーキにする理由は人それぞれなんですよね。
逆にブレーキを付ける理由も人それぞれかな。

ピストのノーブレーキと違ってBMXをノーブレーキで乗るのは実際、いざとゆうとき止まれない。これは間違いない。でも「危ない乗り物」ってゆうのに人間はついつい惹かれてしまう習性がある様な気がするし、人によってただただブレーキが壊れるのが面倒くさいだけだったり、人によっては軽さが魅力だったり、オモチャ(遊び道具)っぽい感じが好きだったり、いろいろ理由はありますよね。
BMX用の軽くて強くてかっこ良くて性能も問題なしなコースターブレーキハブ(ペダルを逆回転するとブレーキかかるアレ)があったら良いかもね~。でも180した時大変か…。
逆にちゃんとブレーキ付けてるライダーは、ちゃんと社会のルール守ってるなと思うし(本当は前後ブレーキ装着&ハンドルは660ミリ以下が義務らしいけど、まあ自転車の法律に関しては実際あって無いようなモノ。と言ったら誰かに怒られそうだな。皆さんちゃんとフィールドで乗りましょう)、ブレーキあった方が楽だし、レースじゃブレーキ必要だし、レース以外でもブレーキ無いと止まれないコース・トレイル・パークが多々あるからブレーキあった方が場所を選ばずに乗れると思う。

ただ、今回僕が思ったのはノーブレーキにすると急に、今まで気にすることの無かったほんの小さなギャップで飛びたくなったり、マニュアルして見たくなったり、セクションが広がる。
これがノーブレーキの魅力なのか??
ノーブレーキ歴の長いライダーに「いや、そうじゃねぇんだよ」って言われてしまうかも知れないけど僕はそう思います。
いつかデラロサに会う日が来たら、なぜノーブレーキなのかちょっと聞いてみたい気がする。でも野暮な質問かな。
自転車は心意気だったりが大切だしね。「無言でノーブレーキ」も立派な自己表現だと思うし。
ノーブレーキ限らず「自転車に乗る」ってゆうのはめちゃくちゃカッコイイ事だけど自転車乗らない人・自転車の良さを知らないから見たら「好きだね~」で終わってしまう。
どこにカッコ良さ・気持ち良さを見出すか。
これが一番大切ですね。



話は変わって3月2日のFBXのトレイルジャム楽しみっすね。
なんかちゃんとしたコンテストな感じっぽいけど僕は普通に普段どうりのテンションで乗りいく予定です。上位を狙うつもりは今回は全くないので、ただただ、みんなで乗れる事が楽しみです。
1ヶ月後のFBXまで俺はノーブレーキで乗ってるかどうか、その日だけブレーキ付けようかどうしようか、その辺が悩ましくて楽しみです♪
[PR]
by ryo-symtbmx | 2008-02-22 00:20